Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

「経」とは、まっすぐに張りつめた糸のような想いを持つこと

December 2, 2017

 どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

【企業経営にとって重要な原理原則】

 

「経」とは、まっすぐに張りつめた糸のような想いを持つことについて、書いていきます。

 

 

 

経営とは、これを経し、これを営す。と辞書には記述されています。

では、「経」とは何でしょうか?

 

 

経営のきっかけは、利己欲です。

でも、それだけでは厳しく辛い経営道を歩き続けることはできません。

 

 

現状に満足した時、ヒトと会社は成長が止まり、死にゆっくりと向かい出します。

事業を発展し続けるためには、常に高く熱い想いが必要になります。

 

 

その想いが「経」です。

文字としては、「糸」と「茎」で構成されています。

 

 

糸とは、市場における想いのデザインです。

 

想いは糸のようにピンと張りつめ、真っすぐ天を指した状態でなければいけません。

風が吹いても、揺れても、ぶれない。

 

 

そして、糸には色があり、太さもあります。

 

 

色は、業種や業界、商品・サービス、つまり自分たちの影響を示したいカテゴリを指します。

 

太さは、経営者の想いの強さであり、

その想いに役員・従業員の想いが何人重なっているかを指します。

 

 

経営者は、自身の中のピンと張りつめた想いを探し、確認し続けましょう!

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、ITマーケティングによる収益アップコンサルティング。

 

詳細はコチラへ

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter