Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

マネジメントとリーダーシップの違い

November 28, 2017

 どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

【企業経営にとって重要な原理原則】

 

マネジメントとリーダーシップの違いについて、書いていきます。

 

 

経営の舵を取るリーダーとは、どういった行動しなければいけないと、

イメージされますか?

 

マネジメントとリーダーシップに違いから、紐解きたいと思います。

経営は、マネジメントだと思われているかもしません。

 

マネジメントは、事業運営において重要なことです。

その仕組みづくりは経営者および経営幹部の仕事です。

 

作った仕組み(マニュアル、ルール、計画)に沿って、

部門目標を設定し、アクションプランを遂行することはマネージャー・現場の仕事です。

 

経営者にとって最も大事な要素は、リーダーシップです。

 

マネジメントが物事そのものにフォーカスするに対して、

 

リーダーシップは物事のつながり(ヒトの世の原理原則)を理解し、追及し、伝え、影響を与えることです。

 

会社経営、新規事業の立ち上げを始めて軌道に乗る際中に

マネジメントの仕組みを構築します。

 

これによって、決まった業務・環境の中で一般社員は自分たちの責任と役割を全うできます。しっかりとしたマネジメントの仕組みがない中で会社規模が拡大することはありえません。

 

理由は、人材が定着、成長しないから。

 

次の未来を描く、つまり計画・準備することは、

経営者が最も時間を使わなければいけない仕事です。

 

 

一般社員・中間管理職が経営者の目線で会社の未来をイメージし、

経営方針・目標を打ち出すことは難しいでしょう。

 

もちろん、トップダウンで決定された経営目標に対し、

一般社員・中間管理職が部門目標や行動目標を設定することは重要です。

 

 

リーダーシップは、計画と準備、価値観を形作ることなど、時間軸で未来に向けて発揮される行為です。

 

 

まずは、マネジメントとリーダーシップの違いを意識しながら、

会社経営に取り組みましょう!

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、ITマーケティングによる収益アップコンサルティング。

 

詳細はコチラへ

Tags:

Share on Facebook