Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

人口推移は中長期的な事業計画を策定する時に参考にする

November 21, 2017

 どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

【優良な顧客リストを確保するフェーズ】

 

人口推移は中長期的な事業計画を策定する時に参考にする

について、書いていきます。

 

 

前回まで、商圏エリアの現在人口を把握し、

売上目標から逆算した見込客数を確保できるかを見積る方法をお伝えしました。

 

 

 

では、あなたの営業エリアの人口が今後20~30年後にどう推移していくか?

を調べなければいけません。

 

 

あなたも、あなたのお客さまも老いていきます。

最終的に死んでしまいます。そして、その子たちが次の世を引き継ぐわけですが。

 

 

今、日本は少子高齢化社会で、人口減少時代に突入してしまいました。

これまでの人口増を前提とした、売上拡大戦略は通用しません。

 

 

生活に最低限必要な家や家電製品等、モノを手に入れ、

精神的にも落ち着いたシニアの方が増えていきます。

 

 

こういった方たちに「安かろう、悪かろう」なサービスを提案しても受け入れられる可能性は低いでしょう。ヒトは学び、本当にいいモノが分かる目利きができるようになるからです。

 

 

あなたの10年後の顧客像を客観的に判断するために、人口推移を調査しておきましょう。

 

 

RESASで人口推移は確認できます。

また、あなたの営業エリアの自治体が発表している都市計画も確認しましょう。

 

 

他の都市からの移住促進制度、結婚応援制度、企業・大学誘致は行っているのか?

高速道路や電車の路線が増える予定はないか?

 

 

お客さまだけでなく従業員・パートスタッフの確保ができるかどうかも

企業経営では重要な要素になります。

 

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、ITマーケティングによる収益アップコンサルティング。

 

詳細はコチラへ

Share on Facebook