Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

モノ・情報が溢れる時代!良い商品・良いサービスだけでは売れない!!

November 3, 2017

 どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

【徹底的なお客さま視点で考えるフェーズ】

 

モノ・情報が溢れる時代!良い商品・良いサービスだけでは売れない!!、

について書いていきます。

 

 

戦後は、モノがなくご飯もロクに食べれない時代でした。

私たちの身の回りに溢れている車、テレビももちろんありません。

 

 

しかし、モノがなくても志は高く、戦後復興に向けて国民が一丸となったわけです。

そんな中で私たち日本人はモノという点に関しては、豊かになっていきました。

 

 

 

一方で、現代はモノが溢れましたが、昔の日本人に比べると、

精神的に豊かではなくなりつつあります。

 

 

 

次に、インターネットの登場により、情報が私たちの周囲に溢れるようになりました。

 

 

 

モノと情報が溢れた結果、

私たちは普通に良いサービス、普通に良い商品を求めなくなりました。

 

 

・価格がとても安い

・デザインがおしゃれ

・有名なブランド

・芸能人が使っている

・体に良い 等

 

 

カレーライス屋を例に、市場は変化してきました。

 

 

 

日本の食文化にカレーライスが持ち込まれた。

その当時、都内の銀座でしか食べれなかった。

銀座老舗のカレーをコピー(模倣)し、各都道府県の町へ起業家が持ち込んだ。

作れば、その店が繁盛した。

同じ町に住む起業家も喫茶店や定食屋でカレーライスを提供した。

顧客は好みの味を求めて、贔屓の店に通った。

大資本チェーン店やフードメーカーが”安くて美味しいカレーライス”を開発・販売する。

誰でもいつでもカレーライスを食べられるようになる。

それまでの個人経営店は、客が少しずつ離れ、価格競争に巻き込まれる。

普通のカレーライスではなく、食材や味へのこだわりをアピールする店が増える。

カレー専門店が増え、コンビニでもそこそこ美味しいカレーが食べられるようになった。

どこでカレーライスを食べればいいか、悩むようになった。

 

 

モノがあふれ、情報があふれ、お客さまも企業側も疲弊しています。

 

 

しかし、どの時代も

「お客さまは自己中心的、避けたい世界を解消してくれるモノを必要とする」

という原理原則は変わりません。

 

 

 

大切なことは、「顧客があなたを選びたくなり、関係を続けたくなる」ことです。

 

 

 

 

これが徹底的なお客さま視点で考えるという理由です。

 

 

まずは、「あなたの顧客が避けたい世界は、何か?」を探しましょう!

 

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、マーケティングとITを活用した、売上とカネ回りをよくする、経営コンサルティング

 

詳細はコチラへ