Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

あなたの顧客像(ペルソナ)を明確にする

November 2, 2017

 どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

【徹底的なお客さま視点で考えるフェーズ】

 

あなたの顧客像(ペルソナ)を明確にする、について書いていきます。

 

 

前回は、顧客ターゲットをセグメンテーションする方法とその選び方をご説明しました。

今回は、選んだターゲットを具体化し、顧客ニーズを明確にする方法に触れていきます。

 

 

以下の項目に沿って、あなたの顧客像(ペルソナ)を書き出してみてください。

 

どうでしょうか?書き出せましたか? 

 

 

ここで整骨院のケースで、具体例を説明します。

交通事故の後遺症で苦しむ45歳男性「加藤義男」さんという人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事故の影響で骨折・腰痛に苦しんでいます。それだけでなく、年齢や仕事・年収、家族構成も明確にします。

 

 

「今の自分の状態(取り囲む世界)から逃れたい」という願望がニーズです。

そこで、この方のペルソナを以下のように設定しました。

 

 

ピンク部分:自分が逃れたい世界

グリーン部分:自分が叶えたい世界

 

 

加藤さんは、「整骨院に行きたい」という願望はありません。

この逃れたい世界を解消し、叶えたい世界へお連れするサービスに価値を感じ、対価を払います。 

 

 

・腰痛を解消したい

・交通事故の後遺症から完治してくれる病院を見つけたい

・平日は仕事に集中し、休日は子供と遊びたい

 

 

「整骨院です!来てください!」では、加藤さんには響きません。

 

 

この場面にどういったメッセージを伝えるため、「競合他社と違ったポジショニングを取ればいいのか?」を考えみてください。

 

 

一つの答えは次回発表します。

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、マーケティングとITを活用した、売上とカネ回りをよくする、経営コンサルティング

 

詳細はコチラへ

Tags: