Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

徹底的なお客さま視点で考える理由

October 26, 2017

どうも、GSDコンサルティング伊達です。

 

 

徹底的なお客さま視点で考える、について書いていきます。

 

スタートアップである中小・小規模企業が競合他社との差別化し、市場で生き残るためには以下3つの要素を満たす必要があります。

 

 

 

1.徹底的なお客さま視点で考える
2.優良な顧客リストを確保する
3.ニッチ市場でナンバーワンポジションで勝負する

 

 

まずは、「1.徹底的なお客さま視点で考える」を深堀りしていきましょう。

これは貴社にとってのお客さまの対象を絞ることを前提にしています。

 

 

中小・零細企業にとって、多くの顧客のニーズに対応することは、

利益率の低下および資金繰りの悪化に繋がります。

 

 

主要顧客つまりメインターゲットを絞り、大手企業ができないサービスを提供する

必要があるためです。

 

 

たくさん商品を作る、サービスを安く早く提供することは、

資本力のある大手企業が得意とする領域です。

 

 

彼らと比べて資本力の弱い企業は、自分たちの得意分野を評価してくれ、高付加価値を感じ、

そこそこの価格が発生する商品・サービスを購入していただかなければいけません。

 

 

自分たちにとって「よい顧客」が誰なのか?

彼らが求める、「よい商品・サービス」とは何になるのか?

 

 

をビジネスモデルを設計していきましょう。

 

 

 

ここで重要な要素は、「中小零細企業は全ての業種がサービス業である」という考え方です。

 

 

おもてなし精神が重要なサービス業である以上、大量生産型の装置産業ではなく

一人一人のお客さまを大切にするカスタマーサービスを構築する必要があります。

 

 

総花的な売上拡大戦略は、中小・零細企業には不向きです。

 

 

理由は、「売上増加を狙う際の注意点」を読んでみてください。

 

 

大企業ではできない、きめ細かなサービス(商品)を提供し続ける、

お客さまのお困りごとを分析し、新たなニッチなサービスを開発することで、

事業を成長していくことを目指しましょう。

 

 

 

【著者プロフィール】

 

 GSDコンサルティング代表

伊達 万祥(だて かずよし)

 

日本の一部上場Tベンダー、NYの広告代理店という少し変わった業務経験を持つ。得意分野は、マーケティングとITを活用した、売上とカネ回りをよくする、経営コンサルティング

 

詳細はコチラへ

 

 

Share on Facebook