Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

補助金の提出書類は要確認!

 

 

補助金の申請の際には、段階ごとに複数の書類を出す事になります。


そして、基本的には以下のような書類を用意する事が必須です(補助金のタイプ次第で多少違ってくるケースもあります)。

 

 

~補助金の交付が決まる前~

 

 

①補助金の申請時

補助金ごとの事務局に申請書を出します。
申請書には、補助金を望む事業の「費用」「中身」「期待できる効果」などを記入します。

以下の書類を提出します。

 

・応募申請書
・事業要請書
・経費明細書
・事業計画書

 

 

②採択時

「補助金の交付対象となる事業者を事務局が選定する」事を「採択」と呼びます。
申請を行った全部の事業に向けて結果(採択か非採択か)を通知します。

以下の書類を受け取ります。

 

・選定結果通知書
・交付申請書
・補助金交付規定

 

 

③交付時

補助金が交付される事になった事業者が、その事業に関する経費などの申請を行います。
それを事務局が受け取り、交付決定通知書の中身次第で「補助金の交付対象となる事業内容」「費目」「おおよその金額」が決定します。

以下の書類を提出します。

・交付申請書/経費の相見積もり

そして、以下の書類を受け取ります。

 

 

・交付決定通知書

 


~補助金の交付が決まった後~

行った事業の詳細や、それに要した経費を報告します。正しく行われたと見做されれば、補助額が決まり、補助金が貰えます。

 

 

④事業の実施期間

補助事業者(補助される事業の事を『補助事業』、その事業に携わる人の事を『補助事業者と呼びます』)が、事業を申請した通りに行います。

中間監査(中間審査)を事務局が実施し、事業がきちんと行われているかどうかの中途確認が入る場合もあります。また、状況報告をするケースもあります。

以下の書類を提出します。

 

 

・計画変更申請書

 

 

⑤報告時

補助事業に関して、文書や写真にて、その内容や得られた効果を報告します。その報告書は当然補助事業者が準備します。
また、証拠書類、契約書、領収書等を全部準備して、経費に関する履歴が全て分かるようにしておく必要もあります。

以下の書類を提出します。

 

 

・実績報告書/経費エビデンス(証拠)

 

 

⑥決定時
補助額は、きちんと補助事業が成されたと承認された段階で確定します。
そして「補助金額確定通知」が補助事業者に届きます。

以下の書類を受け取ります。

 

 

・補助金額確定通知書/請求書様式

 

 

⑦請求時

事務局に補助確定額を、補助事業者が請求する事を指して、ここでは「請求」と呼んでいます。

以下の書類を提出します。

 

 

・請求書