Copyright © 2019 GSD All rights Reserved.

April 2, 2018

Please reload

Recent Posts

【1/12(金)、16(火)大阪開催】補助金活用セミナー

November 22, 2017

1/10
Please reload

Featured Posts

補助金とは

 

 

「政策目標」が国には存在していますが、それをクリアする為には、事業者の方々にその目標を叶えられるような事業に、十分にあるいは広く邁進してもらう事が非常に重要です。

 

 

そして、そのような事業をする事を補助するための給付金を指して「補助金」と呼びます。

 

 

ちなみに補助金は、普通「出す」とは言わずに「交付する」言います。
自治体、個人、民間団体、企業等の事業者の皆さんは交付の対象になり得ます。

 

 

「事業者の活動を活発化させ、それぞれの事業拡大・展開を補助して『効果』をアップさせていく」事が、補助金を交付する事の目的です。

 

 

補助金の3個の要点

 

以下の3個の要点を確認しつつ、情報をどんどん収集して、補助金を有意義に利用しましょう!

 

 

 

①補助金別にシステムと目的が存在します

・国の色々な政策ごとに、様々な分野で補助金が募られています
・補助金ごとの性質(コンセプト、目的など)を把握して、ご自身の事業に沿う補助金を探しましょう

 

 

②事業の全て or 一部分の費用に対して補助が成される

 

・全部の経費が交付されるとは限らないという事です。募集内容をチェックして、「補助対象となる経費」や「何割分補助されるか」や「補助金額の上限」等を把握しておきましょう。

 

 

③補助の可否や金額に関する査定が存在します

 

・「事前と事後の査定」次第で補助の可否や額が定まります。申請をしないと査定を受ける事ができませんので、要点を整理してから申請を行ってください。

 

・「精算払い(後払い)」というのが補助金のシステムです。事業を行ってから、それに関する必要書類(報告書など)を提示して査定してもらった後で、交付されます。

「行政上の目的」と「実施したい事業」がマッチしていて十分な効果が望める場合は、交付される確率が高くなります。

 

 

情報をどんどん収集して、補助金を有意義に使いましょう!

 

 

 

 

 

Tags: